FileMakerのトランザクション: マジックによるプロセス

今回は、Geist InteractiveのJeremy Brownさんによるトランザクションについてのシリーズ記事の第4回、マジックキーを使った手法を紹介します。

シリーズの他の記事も合わせてご参照ください。

  1. FileMakerのトランザクション: 自信を持ってデータを更新する
  2. FileMakerのトランザクション: 正しくスタートする
  3. ポータルを使用したFileMakerのトランザクション処理
  4. FileMakerのトランザクション: マジックによるプロセス
  5. FileMakerのトランザクション: ゲームの終盤
  6. FileMakerのトランザクション:レコードを編集する

FILEMAKER TRANSACTIONS: PROCESSING WITH MAGIC

(元記事はこちら)

2019/5/13
Jeremy Brown

FileMakerのトランザクションは、 正しく動作するシステムには不可欠の機能です。私はしばらくこの話をしていないので、今言います。スクリプト化されたプロセスが一度に複数のレコードを更新(作成、編集、削除)する場合、トランザクションは必須です。ひとまとまりのエンティティ(たとえば、請求書と請求明細など)を何らかの方法で追加または変更する場合、データベーストランザクションは必須です。 今までにポータルを使用する方法を見てきましたが、他の方法でも可能です。それが、ポータルを使わないFileMakerトランザクションです。

前回の記事で見たように、ポータルはデバッグや表示には適していますが、必須ではありません。scalefm.comのChris Irvineが、ある日の夜遅くチャットグループ(Talk FileMakerでのチャットが私の日課です)で、トランザクションについてこう言いました。「私はトランザクション処理を行うときはレイアウトオブジェクトを使わないようにしています。」これは面白い考えです。レイアウトオブジェクトはユーザが画面でデータを操作するためのものです。スクリプトによる処理では、レイアウトオブジェクトを必要としません。FileMakerはトランザクションに対応しているので、あるマジックを使って空白のレイアウトからトランザクションを実行することができます。それでは、ポータルなしでFileMakerのトランザクションを実行する方法を見ていきましょう。

注: Chris Irvineは優秀なFileMaker開発者です。忘れずに彼のブログ記事とFileMaker DevConでの彼の講演時間をチェックしてください。

一番最初から始める

開始コンテキストをもう一度見てみましょう。今回の例では、DBTransactionsテーブルオカレンスに基づいた、同じ名前のDBTransactionsレイアウトです。以下を参照してください。

  • 我々は前回と同じDBTransactionsレイアウトにいます。
  • データはまとめられ、JSONオブジェクトとしてフィールドに格納されています。
  • テーブルDBTransactionsとOrderの間、およびDBTransactionsとOrderItemの間のそれぞれにリレーションが設定させています。どちらも「リレーションを使用したレコードの作成を許可する」がオンに設定されています。
  • orderIDとOrderテーブルの主キーを使用してリレーションが生成されます。OrderItemについても同様の設定です。DBTransactionsのこれら2つのフィールドは、レイアウト上に表示されています(かならずしも表示されている必要はありませんが)。

これで準備ができました。

ポイントはここ

このトランザクション処理の鍵は、ポータルと同じ方法で処理していることです。レコードをリレーションを介して作成しています。ただそれだけです。レコードを作成/編集するためにポータルを介することはありません。代わりに、リレーションを使ってフィールドを設定するだけです。ポータルを必要とせず、それぞれのリレーションを介してOrderレコードとすべてのOrder Line Itemレコードを作成できます。ここで少し休んで、しばらく考えてみましょう。驚きましたか? (私はこの動作を初めて見たとき、とても驚きました。)

そしてもう一つ

最初に設定したリレーションについて説明し、それについての考え方を確認しましょう。

下の図に示すように、OrderとのリレーションはOrderIdフィールドとOrderテーブルの主キーの間に設定されます。

これは通常とは異なります 。通常は主キーから外部キーにデータが流れます。しかし、このリレーションはトランザクション処理に不可欠です。そのテーブルに一つレコードを作成するたびに、関連するリレーションで1つのユニークなレコードが必要です。通常の主キーから外部キーへのリレーションの設定では、(ポータルを使う手法が示すように)複数の関連レコードがあります。今回それはできません。そこで、マジックキーの手法を活用して、作成された各レコードとのリレーションを設定します。マジックキーについてはKevin Frankのブログ記事を参照してください。

ポータルを使わないFileMakerのトランザクション

スクリプトは以下の通りです。

ステップ1: Orderレコードを作成する

このステップでは、Orderテーブルのフィールドに、今回の例ではJSONオブジェクトの値を設定します。

Set Field [ Order::Date ; JSONGetElement (DBTransactions::Data ; “date”) ]

Orderテーブルのフィールドに値が設定されるとすぐに、そのレコードの主キーが生成され、DBTransactions OrderIDに戻ります。 DBTransactionsとOrderレコードの間のリレーションは有効です。Orderレコードの他のフィールドの設定を開始できます。

レコードがたった今作成されたので、開いているレコード数は0から2になりました。

{  
   “OpenRecords”:{  
      “DBTransactions”: 1,
      “Order”: 1
   }
}

ステップ2: 最初のOrder Line Itemレコードを作成する

この最初のOrder Line Itemレコードは、ほとんど同じように作成されます。LineItemの配列の最初の要素に、Order Line Item::amountフィールドの値とそれに対応する値を設定します。実際にフィールドに値を設定する前に行うことを確認してください。

そしてこのフィールドが設定されると、OrderLineレコードの主キーがDBTransactionsテーブルに戻ります。Order Line Itemレコードとのリレーションは有効です。

そして、この時点でいくつのレコードが開かれているでしょうか? 開いているレコードは3つです。

{  
   “OpenRecords”:{  
      “DBTransactions”:1 ,
      “Order”: 1,
      “OrderItem”: 1
   }
}

ステップ3: 2つ目以降のOrder Line Itemレコードを作成する

ポータルを使わないFileMakerのトランザクションでは、ここでわけが分からなくなるので、ちょっと一時停止して次に何が起こるのか考えてみましょう。(今回の例では)$lineItemsから次のLine Itemを取得してOrderItem::dateフィールドを設定しようとすると、何が起こるでしょうか?

2番目のOrder Line Itemは作成されるでしょうか?

答えはNoです。

2番目のLine Itemはまだ作成されていません。これは、DBTransactionsから最初のOrder Line Itemレコードへのリレーションがまだ残っているためです。OrderItem::amountフィールドに$lineItemsの2番目のOrder Line Itemの情報を設定すると、最初のレコードのデータが上書きされます。

では、どのようにしてOrderItemに新しいレコードを作成するのでしょうか? そのためには、DBTransactions::orderItemIDフィールドを消去します。

ほほう。ちょっと待って! これではレコードをコミットしてしまいませんか?

コミットはしません。なんらかのマジックによって、FileMakerはそのレコードをメモリに保存します。そのレコードを見ることもアクセスすることもできませんが、FileMakerが確かにそのレコードをコミットせずに開いています。

これでOrderItemIdフィールドがクリアされたので、リレーションを介して2番目のレコードを作成できます。この時点で4つのレコードが開いた状態です。

{  
   “OpenRecords”:{  
      “DBTransactions”: 1,
      “Order”: 1,
      “OrderItem”: 2
   }
}

そして、リレーションを介してすべてのレコードが作成されるまでこれを続けます。今回の例では処理の終わりまでに、6つのレコードを開きます。

{  
   “OpenRecords”:{  
      “DBTransactions”: 1,
      “Order”: 1,
      “OrderItem”: 4
   }
}

トランザクションを終了させるまで、これらを開いたままにします(次回に続く)。

リレーションを介してトランザクションを実行する

開始コンテキストとレコードの間のリレーションを壊しても、FileMakerがすべてのレコードを開いてメモリ内に保持できるのは、とてもクールです。これを初めて見たとき、私は本当に驚きました。それまで、レコードを作成するためにはポータルが必要だと思っていました。しかしそうではありませんでした。FileMakerのトランザクションは、ポータルなしで実行できるのです。

いくつか欠点はあります。ひとつは、作成されたレコードを見ることができません。しかしレコードが作成されたことはちゃんと確認できます。開いていても、見ることができません。二つ目は..いや、他に欠点を見つけることができません。この手法では、レコードを作成するためのUIオブジェクト(ポータル)をなくことができます。これは他のアクションと一貫性があります。レイアウト上にフィールドがなくてもフィールドに値を設定できます。

この手法を試してみることをお勧めします。ポータルなしでFileMakerトランザクションを実行してみてください。オブジェクトやその設定をすべてスキップし、レコードを処理するためにFileMakerに元から備わっている機能を使用するのです。Karbonはこのように機能し、レコード処理をすべてトランザクションで行います。試してみてください。

Leave a Reply